Loading

Slanted Magazine Issue 31

Slanted Magazine Issue 31
 I was rubbing a sign that said “VIP Gentleman”. A bouncer from a few doors down came by to see what I was doing. It was almost 5pm, but it was 34º and he stood for a few seconds fanning me with his paddle-shaped paper fan—the kind you get free outside the subway, with Doraemon advertising life insurance or something.
As I left, I walked down the hill past him and he cheerfully shouted “Otsukaresama!”。。。

コンクリートとビニルに触れて 訳:角山朋子

。。。私の家の近所の通りには、明るい灰、黄褐色、青の浴室タイルのようなものが貼られた1980年代初期の低層アパートや、小さな木造の、砂吹きのファサードで分けられた住宅がある。主に60年代、70年代に建てられた家だ。また、所々1階が駐車場になった奇妙な宇宙船のような薄べったい4階建ての家もある。そうかと思うと、1920年代の伝統的な瓦屋根の家もあり、ツタが絡まり、波型の鉄板が木々の植わった玄関先を覆っている。どの家も、家から地所の境の30センチほどの空間に植木鉢をぎっしり置いている。これらのパンジー、アロエ、盆栽の鉢のおかげで、本物の木がなくても緑があるような気になる。野良猫たちが立ち並ぶ家々の間を走り、会社勤めの男女が朝に晩に、家から駅までこの通りを歩いて行く。
私が住んでいるのは、両方向の幹線道路から2区画以上離れた場所だ。自転車で5分も走れば騒がしい新宿だが、この辺りはとても静かで村かと思うほどだ。。。
Back To Top